本ページはプロモーションが含まれています

ワードプレス、ブログ運営

WordPressとTwitterをプラグインで連動させる方法

前回の記事でツイッターアカウントのロックを解除したので、ブログに連動させることにしました。

 

ロックされた経緯、解除の方法はこちらの記事をみてくださいね。

作ったばかりのツイッターアカウントがロック!解除方法は2種類?

 

今回ブログと連動させるTwitterもなんですが、ぼくはソーシャルメディアをあまり使ったことがありません。

時代についていけてないですね(^^;

 

なので、やることなすこと手探り状態です。

 

「そんな遅れてるやつがブログと連動させられんのかよ!」と思われるかもしれません。

 

しかし!

 

今はSNSと同様に便利なツールがたくさんあるので、時代に遅れているぼくでもできてしまうんです!

 

ぼくと同じように、ブログ、SNSをはじめて間もない初心者になら役に立つ記事になってるはず!

 

では、はじめましょう!

 

ブログとTwitterを連動させようと思い立ったワケ

まずはブログにツイッターを取り入れようとしたワケです!

「始めるといっておきながら?」っていうのはスルーしてください!

 

では、ツイッターをはじめたワケですが…。

 

 

コンテンツマーケティングのためにSNSを始めました!

 

…。

 

嘘です。

 

ツイッターとブログを紐づける方法を調べてたら、いろんなサイトで「マーケティングに必要だから」って書いてあったので言ってみました。

 

ぼくはそんな大層なことは考えていません(;^ω^)

 

「せっかくブログをはじめたのだからTwitterでも発信してみよう」

 

このくらいの軽い気持ちでツイッターアカウントを作成→そのまま放置。

 

次にログインしようとしたときにはロックされてました。

 

で、「ロック解除してほしいねん(´・ω・)」とツイッター様にお願いして無事に解除してもらえたので、この勢いでブログとくっつけてしまおう!

と、書いているのが今の記事です。

 

たいしたワケではなく拍子抜けしますね(-ω-)

でも、こんなしょうもない理由ではじめても、4つの手順でちゃんと連動できるんです!

 

WordPressとTwitterを連動させる4つの手順

|①.Twitter側の設定

まずはTwitter側にWordPressのURLを登録します。

 

右上のタブから【プロフィール】を選択。

 

 

画面右の【プロフィールを編集】をクリック。

 

 

左側の【ホームページ】にWordPressのサイトURLを入力。

 

 

入力したら、右上の【変更を保存】をクリックします。

 

これでTwitter側の設定は終了です。

簡単でしたね(^^)

 

②.WordPress側の設定 ソーシャルメディアの有効化

次はWordPress側の設定です。

ここでは「All in One SEO Pack」を使用します。

 

WordPress管理画面の【All in One SEO】から【機能管理】を選択。

 

出てきた画面の【ソーシャルメディア】下にある【Activate】をクリック。

 

 

ソーシャルメディアが有効化されると、【All in One SEO】に【ソーシャルメディア】が追加されます。

 

 

これで有効化完了です。

 

③.WordPress側の設定 ソーシャルメディアの設定

追加された【ソーシャルメディア】を選択して設定画面へ。

 

 

なんかいろんな項目があるけど、画像とTwitterの設定だけやっておけば問題ないみたいです。

 

画像設定は【アイキャッチ画像】にしておけばいい、と解説しているサイトがたくさんあったのですが、ぼくの選択項目はなぜか英語だけでよくわかりません。(※原因は使っているテンプレートによる違いっぽい)

 

 

各項目を翻訳してみました。

  • Default Image → デフォルト画像
  • Featured Image → 注目の画像
  • First Attached Image → 最初に添付されたイメージ
  • First Image in Content → コンテンツの最初のイメージ
  • Image From Custom Field → カスタムフィールドからのイメージ
  • Post Author Image → 投稿者画像
  • First Available Image → 最初に利用可能な画像

とりあえずFirst Attached Image】にしてみます。

あとで変えるかもしれません。

※【First Available Image】でアイキャッチ画像が表示されたので変更しました。

 

 

スクロールして【Twitter 設定】へ。

 

必須の項目は【デフォルトTwitterカード】の部分。

 

Twitterに投稿が表示されるときの画像の大きさです。

ぼくは「要約」(小さめ)に設定しました。

※プレビュー画面を見て「要約の大きい画像」に変更しました。

 

あとの3つは設定してもしなくてもいいみたい。

一応やってみます。

 

  • Twitter サイト → Twitterのユーザー名を入力。(任意)
  • Twitter 投稿者を表示 → 投稿者の名前を表示するか(任意)
  • Twitter ドメイン → TwitterのURL。「http://twitter.com/○○」の〇〇の部分。(任意)

 

Twitter投稿者のチェックを入れる場合は、ユーザーの設定をした方がいいみたいです。

 

WordPress管理画面から【ユーザー】の編集ページへ。

 

「Twitter」に@から始まるIDを入力して更新をクリック。

 

これでソーシャルメディアの設定が終わりました。

 

④.Twitterにサイトを登録

最後に、Twitterカードの申請を行います。

 

Twitterカード申請ページへ。

 

サイトのURLを入力して、【Preview card】をクリック。

右側にTwitterに投稿したときのイメージ画面が出ます。

 

ちゃんと表示されていれば設定終了です!

 

 

「Request approval」が表示される

サイト登録が済んでいないと「Request approval」が表示されるそうです。ぼくは表示されなかったので画像がありません(´・ω・)

 

調べた限りだと、「Request approval」をクリックして必要事項を入力するみたいですね。

入力したら、再度「Request approval」をクリックすればOK!承認申請の依頼中になります。

 

しばらくして【Preview card】をクリックすると表示されるそうです。

 

まとめ

ネット知識の乏しいぼくでも簡単にツイッターを連動できました!

ただ、うまく発信していけるかは別問題ですね(´-ω-`)

 

 

インターネットを使っていると、ブログやSNSを「ビジネスの手法」として使う人がたくさんいるんだな、と改めて実感します。

 

現代は、インターネットの発展で誰でも自由に発信できるツールが急速に普及しました。個人でも企業でもマーケティングの手法としてSNSを使うのが当たり前になりましたね。

 

これからも驚くような技術が続々と出て、それを活用したビジネスも増えていくのでしょう。

 

時代の進化についていけるかな('_')

いろんなビジネススタイルに興味があるので、今後はそういう記事も書いてみようと思う今日この頃。

 

 

おしまい。

-ワードプレス、ブログ運営
-,