本ページはプロモーションが含まれています

ニュース全般(芸能、お笑い、時事)

復帰戦で3位!圧倒的な存在感を放つ高橋大輔の魅力とは?

フィギュアスケートの高橋大輔さんが復帰戦に当たる近畿選手権で3位に入賞しました!

 

昨日のショートプログラムでは4年ぶりの実戦なのに1位になって話題に上がってましたね。

 

4年もブランクがあるのにすごい( ゚Д゚)

 

今回は、久しぶりの試合でも存在感を放つ高橋大輔選手の魅力を考察してみます。

 

4年ぶりの復帰戦 近畿選手権で3位

高橋選手は前日のショートプログラムで77.28点を出し、首位でフリーに臨む形になりました。

 

フリーの結果は118.54点。

 

合計195.82点で3位!

高橋大輔、復帰戦3位「ボロボロ」も今後へ「より一層気合が入った」

前日7日に4年ぶりの実戦を果たし、ショートプログラム(SP)で首位発進した2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダルの高橋大輔(32=関大KFSC)が8日、近畿選手権のフリーに出場。フリー118・54点、合計195・82点で3位に入り、復帰戦で表彰台に立った。

(中略)

⇒以下全文を読む

 

復帰初戦で表彰台に上がる姿が見れましたね(^^)

 

↓近畿選手権の動画です↓

(※動画が削除されました)

 

|フリーの自己評価は”ボロボロ” 動きにギャップを感じたか?

高橋選手は自身の演技を”ボロボロ”と評しています。

 

ショートは大きいミスなく演技を終われたものの、フリーでは転倒する場面もありました。

 

これは、身体の動きと頭の中で描いてる動きにギャップがあるからではないでしょうか。

 

 

ぼくは学生の頃、2年ぶりにテニスをしたんですが、浅いボールを取るとき足がもつれてこけました。

 

しかも2回も。

 

1回目はなんでこけたのか不思議だったんですが、2回もこければぼくでもわかります。

 

足が動かない。

「頭の中で描いてるぼく」はボールに届いているんですよ?

 

でも実際はこけてます。

 

頭は叱咤して命令を出しているのに足は進みたがらない。

足、なまけものですね(^^;

 

これがプロともなればギャップはさらに広がるでしょう。

 

ぼくと比べるのはおかしな話なんですが、そんな中でも3位に入賞した高橋大輔選手はやはりすごい人です。

 

|「ショートより身体が動いた」 感覚が戻る日は近い?

高橋選手は試合後の一問一答で「ショートのときよりフリーは身体が動いた」と言っていたそうです。

久しぶりの実戦でプレッシャーが掛かる中でも、ショートを滑った分、身体が感覚を取り戻し始めているのでしょう。

 

「4年前の状態にはほど遠いが、より一層気合が入った」ともあるので、ここからどんどん力をあげてくることは間違いないですね。

 

高橋選手はこの復帰戦で”今の自分”と”かつての自分”の違いを知り、今後の課題を見つけたはずです。

そして、高橋大輔ならその課題を易々と超えてくるでしょう。

 

現役時代を超える演技を魅せる日はそう遠くないのかもしれませんね。

 

|高橋大輔の魅力とは? 周囲が期待してしまうワケ

高橋大輔さんが復帰すると聞いたとき、みんな彼の演技に期待しましたよね。

 

4年のブランクがあるのに、です。

 

もちろん、復帰初戦から以前と同じような演技ができるとまでは思っていないでしょう。

ただ漠然と「彼ならいい演技をしてくれるはずだ」と信じてしまう。

 

高橋大輔さんには周囲にそう思わせる魅力があるのです。

 

あなたの周りにも、根拠があるわけではないのになぜかできると信じてしまえる人物がいたはずです。

 

学校のテストで勉強してないのに高得点を取る人、いませんでしたか?

 

部活や仕事で「こいつなら何とかしてくれる」って人は?

 

 

そういう人はなぜか期待を裏切りません。

 

 

「この人は心配いらない」

 

「どうせすぐできるようになるんでしょ?」

 

そんな風に、”必ずやり遂げる”と思わせる存在感

 

高橋大輔さんもそんな存在感を持っています。

 

 

「今さら現役復帰なんて通じるわけがない」

4年も離れていたら普通はそう思うでしょう。

 

しかし、彼が復帰を表明したときあなたはどう思いましたか?

 

今さら通じるわけがないと思いましたか?

「また素晴らしい演技を見せてくれるんだろうな」と、思いませんでしたか?

 

これが、周囲が期待してしまう高橋大輔の魅力です。

 

|まとめ

いかがだったでしょうか。

 

演技中だけではなく、人として魅せられる。そんな魅力を持つのが『高橋大輔』です。

 

氷上での立ち姿から放たれる圧倒的な存在感。その存在を感じてしまう時点で、ぼくらは『高橋大輔に魅せられている』のです。

 

きっと彼なら前以上の演技をしてくれるに違いありません。

復帰した高橋大輔選手がこれからどんな演技をするのか、楽しみですね!

 

 

おしまい。

-ニュース全般(芸能、お笑い、時事)
-,